カテゴリー別アーカイブ: テレクラ世代

続々とテレクラが閉店している今、人妻はツーショットダイヤルに流れている!

続々と閉店するリンリンハウス最近になって続々とテレクラが閉店しているのを皆さんはご存知でしょうか?

そもそも店舗スタイルのテレクラというのはピークだった80~90年代から比べれば店舗数は絶滅状態になっていましたが、そのような時代の流れの中においても根強く運営を続けていた「リンリンハウス」がここ数年で続々と閉店しているのです。

私が知る限りでも

川崎本店、柏店、熊谷店、池袋東口本店、バレンタインコール目黒店

これらの店舗が閉店してしまいました。

個人的にリンリンハウス各店舗の閉店は非常に悲しく思っています。

何故なら、リンリンハウスは昔から続くテレクラ文化を常にリードし続けていた「テレクラの象徴」的な店舗だったからです。

まあ、スマホで出会いコミュニティーが気軽に楽しめる現在において、テレクラという店舗を利用した電話コミュニケーションサービスが今でも続いているという事自体が奇跡だったのかもしれません。

このようにテレクラは絶滅の危機に晒されている訳ですが、気になる点が出て来ます・・・

それは、昔からテレクラを使い続けていた人妻や熟女さん達はどうなってしまうのかという点です。

2017年における店舗型テレクラの主な利用者層というのは昔からテレクラに馴染みのある人妻や熟女さんがかなり多かったのです。

しかし、続々とテレクラは閉店ラッシュとなってしまいますから、彼女達の行き場がなくなってしまうのです。

これだけ続いたテレクラ文化・・・恐らく、多くの熟年女性が困っているのでは・・・

しかし、実は彼女達の多くは既に新しい「テレクラ」を見つけて楽しんでいるのです!

それこそがスマホや携帯電話の電話を利用して異性との交流が楽しめるツーショットダイヤルなのです!

ツーショットダイヤル番組の中には人妻さんに特化した番組というのはかなり多く運営されています。

それらの番組には最近になってリンリンハウスの常連だった人妻や熟女さんが凄まじい勢いで新規登録しているのです。

更に詳しい話をすると、リンリンハウスというのは関連会社がツーショットダイヤルを運営しています。

マックス、ミセスアイ、エクスタシークラブ、ZERO

これらのツーショット番組はリンリンハウス系列の会社が運営していますので、特にリンリンハウスからの人妻移民が挙って参加している現状があります。

ミセスアイに関しては人妻系のツーショット番組ですので、リンリンハウス常連だった熟年女性に電話が繋がる確率は極めて高い状況となっています。

続々と閉店ラッシュが続いているテレクラですが、その面白さは永遠に不滅なのだと私は感じています。

そして、これからもツーショットダイヤルを使えば、何時でも気軽にテレクラが楽しめるのです。

テレクラの楽しさは今からでもツーショットダイヤルで体験できます!

テレクラは本当に楽しい。

これは私が前々から言い続けている事です。

テレクラの画像テレクラの店舗数が極端に少なくなった現在ではなかなか皆様にその経験をして頂くのが難しい状況となっている面もありますが、私はそれでもエキサイティングなテレクラで女性との刺激的な繋がりをこれからも皆様にお伝えして行きます。

完全な店舗型のテレクラを今でも日常的に楽しめる環境というのは、市場シェアナンバーワンであるリンリンハウスが稼働している東京か大阪以外ではなかなか無いのが現状です。

私は皆様に是非ともツーショットダイヤルをオススメしたいと思います。

ツーショットダイヤルはスマホや携帯電話から楽しめる電話型の異性紹介サービスです。システム自体はテレクラとかなり似ており、気軽にテレクラに近い興奮や刺激が楽しめます。

テレクラとの大きな相違点としてはツーショットダイヤルは店舗型ではないとう点です。男女がお互いにスマホや携帯電話から利用します。

更に、リアルなテレクラは女性側がテレクラにコールして男性がコールを受けるという形ですが、ツーショットダイヤルは逆なのです。つまり、男性が女性達にコールして出会いを見つけて行くのです。

多少のシステムの違いはありますが、両者を利用している感覚自体はかなり共通点が多く、刺激や楽しさはテレクラと遜色がありません。

特に、テレクラ店舗自体が絶滅状態の地方の方でも気軽にテレクラの楽しさを分かって頂けるのではないかと思います。

出会い系やSNSなど文字ベースのやり取りで男女が出会いをマッチングさせる出会いコミュニティーと違い、テレクラやツーショットダイヤルは自分の声で直接相手とコミュニケーションが取れる非常にマッチング率の高いサービスです。

初心者の方の中には恥ずかしさなどを感じる方もいますが、確実に出会いマッチング力は文字ベースの出会いコンテンツよりは優れていますので是非ともテレクラやツーショットダイヤルを積極的に利用してみて下さい。

ハニートークに多数用意された地域電話番号のメリットと使い方

ツーショットダイヤル番組の中でも昔から大手に位置付けされており、レディコミや女性誌などからの女性集客によって常に新規会員数を伸ばし続けているハニートーク。

今回はこのハニートーク最大のメリットともいえる全国各地に対応した200箇所以上のツーショット電話番号のメリットとオススメの使い方を紹介したいと思います。

まず、47都道府県に200箇所以上も分散された電話番号の存在意義について。

これは、間違いなく近所に住んでいる女性を探す時に重宝する仕組みと言えるでしょう。

実はハニートークには全国だけでは無く、東京や関東地方、大阪や関西地方には更に細かく電話番号が用意されています。

これらの細かい番号も含めれば全国約300箇所に地域電話番号が対応している事になりますので、基本的にはテレフォンセックスでも出会い目的でもあなたの一番近くの地域電話番号にコールするのがオススメの使い方になります。

また、最近人気となっている方言テレフォンセックスを楽しみたい場合もハニートークの豊富な地域電話番号は強い見方になってくれると思います。

特に大阪などは凄まじい数の地域電話番号が用意されていますから、オラオラ系の関西弁から少しも落ち着きのある関西弁まで、地域を変えることにより微妙な方言の強弱にも対応できます。

また、旅行に行ってみたいと思う地域電話番号にコールして、その地元の子に情報を聞き出すなんて少し変わった使い方も全然OKだと思います。その土地のマニアックでリアルな情報というのは、なかなかネット検索でも出てきませんからね。

このようにハニートークは、圧倒的に豊富な地域電話番号をどれだけ有効活用できるかが重要なポイントになります。

地域に関する事や、県民性などを考慮した電話ならではの繋がりを色々と考えてハニートークを使いこなしましょう。

ミセスアイはテレクラの熟女限定版だと考えるべき。

今回は人妻や熟女に対して極めて性的な魅力を感じる方には素晴らしいお知らせになると思う。

最近の人妻や熟女達のエロ化に関してはこのブログでも散々書いて来ているので、皆さんもお分かりだろう。

今回はそんな肉欲に固執した人妻達の行動にもついてお話したい。最近はスマホの普及によりLINE掲示板などでエロい感じの出会いを探す人が増えていた。

しかし、最近のLINEは株式上場を目指しているのかとにかくネット上でのID晒しには厳しい。LINEID掲示板などに自負のLINEIDを晒せば高確率でアカウントを凍結されるからな。

つまり、出会い系サイトとしてのLINEは既にオワコン状態なのだ。

その流れで人々が使い出したのがツーショットダイヤルと呼ばれるテレクラ系のコミュニティー番組。このツーショット番組はとにかくテレクラと同じ機能が盛り込まれており、スマホを使って電話での出会いが楽しめる。これがLINE出会い規制の副作用として盛り上がって来た。

そして、出会いの場を失った人妻や熟女達はミセスアイと言う人妻専門のツーショットダイヤル番組を良く利用している。

彼女達はテレクラが流行った時のドストライクゾーンである。なので電話で男に口説かれることにステータスを感じているし、テレフォンセックスプレイも激しくて盛り上がる。

そして、最大の魅力は何と言ってもミセスアイは大手テレクラチェーンとして有名なリンリンハウス系列の会社が運営していると言う点だ。つまり、ミセスアイにはテレクラのノウハウが、リアルに詰め込まれているツーショットダイヤルになると言う訳だ。

ガチの素人妻と生電話で繋がる仕組みが確立されている。サクラだらけのどこかのツーショット番組とはまるで違う次元なのである。

ですので、熟女マニアの人達はミセスアイを熟女専門のテレクラとして利用して欲しい。即アポの出会いやテレ特体験が待っていること間違いなしだ!

やはりテレクラのシステムは神だ!出会い系なんて糞レベル!

バレンタインコール久々にテレクラに突撃して来た。場所は目黒のバレンタインコール。何やら気づかぬ間にリンリンハウスに吸収されていたのには驚いたが、これも時代の流れなのだろう。小規模な会社は大資本にM&Aされ飲み込まれて行く。これが最近の資本主義経済の末路だ。

さてさて、バレンタインコールだが店内に入ると恐らくはリンリンハウスと何ら変わりないなんて事を想像していたのだが、エロDVDが見事にSMやマニア系を中心に揃えていたのにはバレンタインコールの拘りを感じた。

やはり、昔からバレンタインはアブノーマルな出会いを探すってのが定番だったからな。昔、池袋が何処かでバレンタインで繋がった女と出会ったら、現役のSM女王様でラブホに入ったらガチで腹や顔面を殴られ服従させられたのは苦い思い出だ。全治3週間の打撲には本気の調教を感じた。

バレンタインコール目黒のコールの鳴り具合だが、ポツポツと鳴る感じだったな。かなり割り切り絡みの女が多い気がしたが、粘ればかなり雑談にも持ち込めたので、一番会話が盛り上がったOLさんとLINE交換出来たのが今回の収穫だ。

バレンタインコールを後にして思ったのは、やはりリアルテレクラのシステムは素晴らしいな!と言う事である。やはり、出会い系サイトブームは本気で糞だと感じた。

メールや掲示板はとにかくノイズが多過ぎるのだ。これではサクラ満開になるのむ無理は無いしな。その点、テレクラは例えサクラと繋がったとしても見抜くのが簡単だから面白いんだよな。

こいつ会話を伸ばし過ぎだろ!なんて女は確実にサクラだから電話を切れば良い。そして、本当の素人をタダマンゲットした時の興奮が半端じゃないレベルで刺激的なのだ。

やはり、これからの時代はテレクラだなと確信したね。

テレクラでタダマン出来る人はツーショットで十倍セックス出来ます

このブログを読んで下さっている人の中に店舗型テレクラのヘビーユーザーさんはいるでしょうか?

もし、ヘビーにテレクラを使っていると言う方がいれば、恐らくは30代中盤以上の男性でしょう。30代中盤以上でないとテレクラの全盛期を味わう事が出来ませんからね。消去法でこの年代になる訳です。

今回はそんな人に強く言いたい!何故、テレクラは使うのにツーショットダイヤルは使わないのでしょうか?余りスマホに興味がないから?それともテレクラに行く事自体が楽しいから?

私はとにかくテレクラヘビーユーザーさんにツーショットで入れ食い体験をして欲しいんです。だって今時のテレクラで女を食えている実力を持つナンパ師さんでしたら、ツーショットダイヤルを使えば10倍簡単にヤレますからね。もう、楽勝でセックスしまくりですよ。

それに、家でも出来るしテレクラの店内でもツーショットダイヤルは出来るんです。つまり、テレクラにいながらツーショットも同時プレイすれば間違いなくチャンスが増える。こんな美味しい状況はないですよね?

十倍のセックス体験はすぐ目の前に転がっているのです。しかもスマホや自宅の電話から直ぐに開始出来る。こんな最強なプレイスタイルは他にありませんから。

マックスやハニーラインなんかは登録女性もパンク寸前な程に伸びていると聞きますからよりチャンスは大きいですね。

テレクラ世代の人妻のエロさって独特なんだよね!

このブログでは人妻の事を「テレクラ世代」って表現する事が多いんだけど、今回は改めて「人妻」や「熟女」のエロスについて考えてみたいと思います。

結局の所、人妻って言葉は我々エロい願望を持った男達のイメージの中の淫乱な女性像の事を指しているんだと思う。だって、決してリアルの既婚者の奥さん全てをエロい意味での「人妻」と思っている人なんて、サイコパスクラスのガチ変態熟女マニアくらいだと思うから。彼らの場合は極端な人妻・熟女AVの見すぎで頭がおかしくなっているだけの話。

あくまで自分が女性から人妻フェロモンを感じた女性の事のみを「人妻」と認識してエロの対象に入れていくのだと思う。

だからテレクラ世代ってのは、完全に私がここで提案しただけの言葉に過ぎない。私が昔、テレクラに夢中になってそこで出会った女性達が今では結婚して人妻となっているから、単純にテレクラ世代はエロいんだろうな?という密かな願望に近いものがあるのだ。

なので、テレクラ店舗を知らない若者がここで「テレクラ世代の女はエロい!」と力説されても「はあ?何言ってんの?このオヤジキモッ!」となるだけの話なのかもしれない。

しかし、私にとって人妻とのセックスの思いではどれも強烈に残っている。生粋の人妻好きであることは間違いない!だからこそ、私が表現する方法は、私が過去に経験した積み重ねを使って表現しないとユーザーさんに失礼だと思っている。

それにしても、テレクラ世代の女性と言うのは独特な個性を今でも持っているな。たとえ夫がいても、セックスは別腹と本気で考えている女性が本当に多いのだ。

更にバブル景気の思い出を今でも引きずっている。引きずっていると言う言い方は多少語弊を招くかもしれない。何と言うか、今の平成の時代と言うのは彼女達にとっては地獄なのかもしれない。とにかく現実に絶望している女性が多いのだ。

しかしだ!少しでも彼女達にバブルの思い出を与えてやると、彼女達は急に目が輝きだす。例えば、ラブホテルを安い場所にせずに回転ベットや豪華なジャグジーがあるラブホに変えてあげるだけで、セックスの感度が桁違いに上がるくらいなのだ。テンションも上がり、まるで昔にジュリアナ東京で踊り狂っていた時の様な楽しそうな表情をするんだ。

もしかすると彼女達は本当にピュアな心を持っているのかもしれない。良い物には素直に喜び、常に夢を見ているだけの女達。それが私が言うテレクラ世代の女達なのだろう。

人妻と言う言葉がエロの象徴になっている理由とは?

お母さんやママと言う呼び方は主に子供を持っている女性を指して呼ぶ事が多いのは誰でも知っている事実だ。もっと違った言い方としては女房やカミさんなんて呼び方をする人もいる。これらの呼び方を聞いて皆さんはどう思うだろうか?恐らく殆どの方が特に何とも思わないと言うだろう。

しかしだ!

「人妻」この呼び方はどうだろう?思わずムラムラとエロい気持ちになってしまった人も多いのではないだろうか?実際に私も人妻とタイピングしているだけでエロい気持ちになるしな。

何時から人妻という言葉が、まるでエロの象徴として男達に捕らえられて来たのだろう?私はそう思って一日考えてみた。今日はその結果をじっくりと書いて行こうと思う。

まず始めに、人妻と言うのは何歳くらいの女性の事を指すのかと言う事である。個人的には何時の時代も30代前半から40代前半までの既婚者の女性の事を指して呼んでいる人が多いと思っている。

この世代と言うと、2014年の現在は完全なテレクラ世代に当たる。そしてテレクラと言えば80年代に社会現象を巻き起こした。多くの一般人がテレクラを利用してセックスの相手を探したりセフレとをゲットしようと店舗に押しかけていた時代だ。

このテレクラを一般的に利用していた女性が今は人妻の年齢層。この原因はかなり大きいんじゃないかと思っている。

次に女性と言う生き物は、性欲のピークが遅咲きなのだ!男の性欲のピークは10代後半から20代前半にかけてだが、女性の場合は30代中盤から40代前半にピークを打つ!ずばり人妻と呼ばれる女性年齢層とドンピシャなのである。

つまり人妻と言う言葉には女性の性欲やエロい文化が全て凝縮されているのである。むしろエロくて当然なのかもしれない。

我々男達が人妻物のAVをついつい見てしまうのは、被写体の女のエロアピールが凄まじ過ぎるからなのである。街中の綺麗な奥さんを見ると思わずナンパしてしまうのも人妻がエロいからだ。つまり、この年代の女性からはエッチなオーラがプンプン放出されている。

だからこそ我々人妻マニアは多くの奥さんとテレフォンセックスしたり、出会い系でナンパして中出ししたりして彼女達を満足させなくてはならないのかもしれない。

テレクラ世代の人妻の性欲を受け止められるだけの精力とは?

簡単に人妻は後腐れ無く出会えて、セックステクニックも凄くて気持ち良いからテレクラや出会い系で人妻を狙っている。

いいや、簡単にこんな発言をしないで欲しい。

彼らは30代後半のガチで盛りの付いたエロ妻をセフレにした事があるのだろうか?恐らく絶対に嘘であろう。もし、本当にあるとしたら間違ってもこんな発言出来るわけ無いのだ。

俺の中で37~50歳程度の女性はセックスモンスターだと思っている。何度イカせてもゾンビの様に性欲が復活するし、朝方から人妻セフレに呼び出されラブホでセックスを開始したが、気づいたら次の日の朝までセフレがチンポを離さなかったなんて経験もあるからな。

彼女達は野獣の性欲だ。出来ないプレイは何も無い。アナルなんて愛撫みたいなものだし、フィストファックすら気軽にヤラせてくれる女が多いからな。

しかし、注意が必要だ!ガチでエロい人妻ってのは自分の性欲に対して満足出来ない男だった場合ガチ切れする事が非常に多いからだ。

「そんな下手糞なセックスじゃ感じねえんだよ童貞が!」「それ腰振ってるつもりなの?全然気持ち良くないんですが?」「その粗悪なチンポで私を満足させられてると思ってるの?」

これは出会い系やテレクラなどで主婦や人妻と出会ってラブホで対戦したけど、結局テクニック不足だった為に直接女性から浴びせられた暴言のごく一部。

つまり、本当に人妻の性欲を満足させる事が出来なくては、悲惨なトラウマを抱える可能性が高いのだ。中にはガチで女性恐怖症になってしまい、EDを発症した可哀想な男もいるのでマジで要注意して欲しい。

気軽にエロそうだから熟女と出会ってみる。これは裏を返せばセックスのエベレストに挑戦する様な物なのである。

テレフォンセックスしたらモテ始めた

既に六ヶ月間ハマっているマックスとハニーライン。言わずと知れた大手ツーショットダイヤル番組だ。

私の目的は出会いではない。とにかく多くの女性とテレフォンセックスしてみたいからだ。

昔から声でするのは好きだった。始めて自分が声フェチに目覚めたのは、20年以上前。学生時代に友達とイタズラ電話でダイヤルQ2にコールした時だった。この時、俺の友達は電話を聞いて爆笑しながらバカにしていたが、私は正直フル勃起してしまった。しかも尋常でないくらいギンギンに硬くなった。

これ以来、私はリスクを犯し、家の電話から適当な電話番号を回して、女性に繋がったら一方的にテレフォンセックスを仕掛けると言う最悪な行為をしまくって、なんとか思春期の余りある性欲を抑えていた。

成人になってからは、もちろんそんな愚かな事はしなかった。

そこで、ハマったのがツーショットダイヤルと言う訳だ。最高で月に40万課金した事もあるだろうか。

幸い私は某大手外資系金融機関に就職する事が出来たので月に100万程度ならお小遣いの範囲である。

そして、ツーショットダイヤルは俺にモテ期をもたらしてくれた。とにかく、ツーショットダイヤルは喋り捲る事が重要だ。そして甘くエロいテレフォンセックスを成功させる事が任務。

外資系に勤めていると、エロい女上司がテレフォンセックス好きなんて事は結構ある。意外に仕事にも役立つのである。

それに、六本木辺りで飲んでいると素人の金髪お姉さんとLINEを交換してテレフォンセックスフレンドになった事もある。英語でのテレフォンセックスはかなりハードでなかなか抜ける。

とにかく、ツーショットを始めてからは女に困ることが無くなった。

モテ期を味わいたいなら、迷わずツーショットダイヤルに登録するべきだ。