昼下がりの人妻は本屋ナンパが最強のヤリスポットだ!

人妻を狙って路上ナンパしているナンパ師はかなり多い。と言うか年々減少する路上ナンパ師に対して、何故な人妻狙いの路上ナンパ師は増加しているから面白い。

恐らくは人妻と言う手軽さに加え、最近の昼顔ブームで人妻が食えると思い始めた男達が増えている影響だとは思う。

今回はそんな人妻をターゲットにしたナンパ師に向けてのナンパスポットアドバイスを送りたい。

先ず、真っ先に人妻ナンパスポットとして思い浮かべるのがスポーツクラブやジムである。確かに昼間のスポクラはエロ妻達の溜まり場と化している。金に余裕のある人妻も多いから逆ナンパ的な出会いが期待出来る面もある。

しかしだ!スポクラナンパは毎月の月額費用が掛かるのが痛い。毎月一万から二万の会員費を高いか安いかと思うのは個人差があると思うが、私からしてみると人妻ナンパの為にだけこの費用を負担するのかなり非効率的な気がしてしてきる。

立ち読み妻そこでオススメしたいのが本屋である。昼間の本屋は本当に人妻達の立ち読み率が高い。そして、立ち読みしていると言う状況に注目して欲しい。

立ち読みなんてのは、そもそも暇人のする行為だ。時間潰しの究極的な時間の使い方こそが立ち読みなのである。

そして!最大級のメリットはある程度、ヤレそうな人妻をピンポイントで見つける事が出来るのが本屋ナンパの醍醐味なのである。

そんなのどうやって判断するんだと思うか?私が教えよう。

注目して欲しいのは、人妻達が立ち読みしている本の内容である。これで彼女達が今どんな精神状態なのかを知る事が出来る。つまり、欲求不満な女達が読む内容の本を頼りにするのだ。

例えば女性誌。今の女性誌を知っているだろうか?とにかくセックス特集がアホみたいに連載されている。そこには男達が読むエロ本以上のエロい話題がゴロゴロしているからな。気持ちの良いセックス方法やら、セックステクニックについての話題など、とてもファッション雑誌とは思えないエロレベルなのだ。

こんな記事を立ち読みしている女は間違い無く欲求不満である。彼女達が立ち読みを終えるタイミングで一緒に本屋を出て声を掛ければ飯くらいは高確率でご一緒出来るからな。

本に関してはまだまだあるぞ。芸能人のスキャンダルが書かれている週刊誌などもエロレベルが高いから狙い目だ。

更に、レディースコミックコーナーなんてのは確実にエロ女が読む本であるからナンパ成功率は極めて高い。

この要に、本屋で人妻が立ち読みしている本の内容から、その女がナンパ出来るのかを判断して欲しい。この方法はかなりのナンパ成功率に繋がるからな。

本屋ナンパはまだまだライバルが少ない。路上ナンパなどと比べたら下手したら数十倍はナンパ成功率が高いからな。

ミセスアイはテレクラの熟女限定版だと考えるべき。

今回は人妻や熟女に対して極めて性的な魅力を感じる方には素晴らしいお知らせになると思う。

最近の人妻や熟女達のエロ化に関してはこのブログでも散々書いて来ているので、皆さんもお分かりだろう。

今回はそんな肉欲に固執した人妻達の行動にもついてお話したい。最近はスマホの普及によりLINE掲示板などでエロい感じの出会いを探す人が増えていた。

しかし、最近のLINEは株式上場を目指しているのかとにかくネット上でのID晒しには厳しい。LINEID掲示板などに自負のLINEIDを晒せば高確率でアカウントを凍結されるからな。

つまり、出会い系サイトとしてのLINEは既にオワコン状態なのだ。

その流れで人々が使い出したのがツーショットダイヤルと呼ばれるテレクラ系のコミュニティー番組。このツーショット番組はとにかくテレクラと同じ機能が盛り込まれており、スマホを使って電話での出会いが楽しめる。これがLINE出会い規制の副作用として盛り上がって来た。

そして、出会いの場を失った人妻や熟女達はミセスアイと言う人妻専門のツーショットダイヤル番組を良く利用している。

彼女達はテレクラが流行った時のドストライクゾーンである。なので電話で男に口説かれることにステータスを感じているし、テレフォンセックスプレイも激しくて盛り上がる。

そして、最大の魅力は何と言ってもミセスアイは大手テレクラチェーンとして有名なリンリンハウス系列の会社が運営していると言う点だ。つまり、ミセスアイにはテレクラのノウハウが、リアルに詰め込まれているツーショットダイヤルになると言う訳だ。

ガチの素人妻と生電話で繋がる仕組みが確立されている。サクラだらけのどこかのツーショット番組とはまるで違う次元なのである。

ですので、熟女マニアの人達はミセスアイを熟女専門のテレクラとして利用して欲しい。即アポの出会いやテレ特体験が待っていること間違いなしだ!