ハニートークに多数用意された地域電話番号のメリットと使い方

ツーショットダイヤル番組の中でも昔から大手に位置付けされており、レディコミや女性誌などからの女性集客によって常に新規会員数を伸ばし続けているハニートーク。

今回はこのハニートーク最大のメリットともいえる全国各地に対応した200箇所以上のツーショット電話番号のメリットとオススメの使い方を紹介したいと思います。

まず、47都道府県に200箇所以上も分散された電話番号の存在意義について。

これは、間違いなく近所に住んでいる女性を探す時に重宝する仕組みと言えるでしょう。

実はハニートークには全国だけでは無く、東京や関東地方、大阪や関西地方には更に細かく電話番号が用意されています。

これらの細かい番号も含めれば全国約300箇所に地域電話番号が対応している事になりますので、基本的にはテレフォンセックスでも出会い目的でもあなたの一番近くの地域電話番号にコールするのがオススメの使い方になります。

また、最近人気となっている方言テレフォンセックスを楽しみたい場合もハニートークの豊富な地域電話番号は強い見方になってくれると思います。

特に大阪などは凄まじい数の地域電話番号が用意されていますから、オラオラ系の関西弁から少しも落ち着きのある関西弁まで、地域を変えることにより微妙な方言の強弱にも対応できます。

また、旅行に行ってみたいと思う地域電話番号にコールして、その地元の子に情報を聞き出すなんて少し変わった使い方も全然OKだと思います。その土地のマニアックでリアルな情報というのは、なかなかネット検索でも出てきませんからね。

このようにハニートークは、圧倒的に豊富な地域電話番号をどれだけ有効活用できるかが重要なポイントになります。

地域に関する事や、県民性などを考慮した電話ならではの繋がりを色々と考えてハニートークを使いこなしましょう。