人妻と言う言葉がエロの象徴になっている理由とは?

お母さんやママと言う呼び方は主に子供を持っている女性を指して呼ぶ事が多いのは誰でも知っている事実だ。もっと違った言い方としては女房やカミさんなんて呼び方をする人もいる。これらの呼び方を聞いて皆さんはどう思うだろうか?恐らく殆どの方が特に何とも思わないと言うだろう。

しかしだ!

「人妻」この呼び方はどうだろう?思わずムラムラとエロい気持ちになってしまった人も多いのではないだろうか?実際に私も人妻とタイピングしているだけでエロい気持ちになるしな。

何時から人妻という言葉が、まるでエロの象徴として男達に捕らえられて来たのだろう?私はそう思って一日考えてみた。今日はその結果をじっくりと書いて行こうと思う。

まず始めに、人妻と言うのは何歳くらいの女性の事を指すのかと言う事である。個人的には何時の時代も30代前半から40代前半までの既婚者の女性の事を指して呼んでいる人が多いと思っている。

この世代と言うと、2014年の現在は完全なテレクラ世代に当たる。そしてテレクラと言えば80年代に社会現象を巻き起こした。多くの一般人がテレクラを利用してセックスの相手を探したりセフレとをゲットしようと店舗に押しかけていた時代だ。

このテレクラを一般的に利用していた女性が今は人妻の年齢層。この原因はかなり大きいんじゃないかと思っている。

次に女性と言う生き物は、性欲のピークが遅咲きなのだ!男の性欲のピークは10代後半から20代前半にかけてだが、女性の場合は30代中盤から40代前半にピークを打つ!ずばり人妻と呼ばれる女性年齢層とドンピシャなのである。

つまり人妻と言う言葉には女性の性欲やエロい文化が全て凝縮されているのである。むしろエロくて当然なのかもしれない。

我々男達が人妻物のAVをついつい見てしまうのは、被写体の女のエロアピールが凄まじ過ぎるからなのである。街中の綺麗な奥さんを見ると思わずナンパしてしまうのも人妻がエロいからだ。つまり、この年代の女性からはエッチなオーラがプンプン放出されている。

だからこそ我々人妻マニアは多くの奥さんとテレフォンセックスしたり、出会い系でナンパして中出ししたりして彼女達を満足させなくてはならないのかもしれない。